Why AI is need to watch?

COO 大槻知史

信託銀行、生命保険でビジネスモデル構築に従事、
ボランタリーチェーン事務局長、センサー開発企業役員を経て現職

「人の温もりがある社会を守るために」
超高齢化社会の到来と労働力激減から生じる様々な問題に
カメラとセンサーの技術にAIを載せて解決策を提供する

人類史上初めて「棺桶型」と称される人口構造になる日本…
あらゆる現場で労働力激減から生じる問題が山積です。
介護の人手不足は68万人(経済産業省2025年予測)にもなると見込まれる一方、
すでに3Kの現場では高齢者の事故が増え、
60歳以上の労災認定は年間3万人にも達しています。

プラント・工場や倉庫では、人手省力のための無人化が進んでいますが、
そのせいで安全を確保する眼が届かないところができています。
飲食・小売り・宿泊サービスの現場でも
人員効率化でお客様に向けるべき意識が希薄になっています。
介護や看護は、その作業だけでも大変なうえに、
人との触れ合いこそが重要で、気を配らなければならないことのなんと多い事か…
私的に両親の在宅介護・施設介護・入院を経験し、
介護士・看護師をサポートするシステムの必要性を痛感しました。
また、かつてのニュータウンや団地でも高齢化や過疎化で「見守る」眼が減っています。

これらには「気づく」眼が足りていない…という課題が共通しています。
人を思いやって見守り、なにか助けられることに気づく、「眼」の減少を補い、
イライラの原因やギスギスした関係を無くして、
人の温もりのある社会を守っていきたいのです。